エロ画像・エロ動画・エロ漫画

アヘ顔の第一人者 武田弘光がヌケる

投稿日:

オナニーのおかずに何を使うかは人それぞれですが、結構最近では二次元的な物も好まれるようになってきましたね。

コミケなどで毎回、薄い本と呼ばれるエロ漫画やエロ同人誌という物が出ているように、オナニーのおかずとしてどんどん世に出回るようになってきましたね。

その中でも、とくにこれだけは見ておけというお勧めの作家を紹介しましょう。

アヘ顔の第一人者武田弘光

ここ数年で人気ジャンルとなって来たアヘ顔、というジャンルはいわゆるかなり過激系のエロジャンルに当て嵌まる物で人を選ぶジャンルではあるのですが、好きな人は寧ろこれがないとヌけないというくらいの中毒性の高いジャンルです。
そして、そのアヘ顔を世に広めたと言っても過言ではないアヘ顔ジャンルの第一人者が武田弘光です。

ハイクオリティな画力であり、美少女を描かせたら間違いなくトップクラスに入る作家でありながら、下品なエロアヘ顔に下品なポーズや、乳首にハートマークのニップレスにエロ水着など露骨なほどのスケベな格好を描くのが得意なエロ漫画作家の中でも特にディープなファンがつく人です。

版権作品の同人誌も精力的に出版しているのですが、アダルトコミックへの連載も多く、さらにエロゲーの原画やマケン姫など一般アニメの作画担当もするなど、その画力の高さは誰もが認めるところでもあります。

武田弘光の魅力

この作家の魅力は、今でこそ様々な作家が手を出すアヘ顔ジャンルの中でも崩しすぎない、というところを持っているところです。
中には、アヘ顔をより強調するためにやり過ぎて顔の原型が残っていないくらいにするような人もいるのですが、武田弘光はあくまで美少女の顔という原型を残しながら絶妙にエロいアヘ顔を描写することにかけては天才的だと言えます。
実際、武田弘光の作品を見てアヘ顔にハマったという人もかなり多いですからね。

更に、シチュエーションも純愛物からNTR、レイプ、洗脳堕ちなど様々なジャンルを幅広く利用できるので、作風も作品によってまるきり違うので飽きがこないという魅力もあります。

武田弘光のお勧め作品

特に、彼の魅力をまだ知らないという人はぜひツンデロという同人誌を読んでほしいですね。
純愛系のアヘ顔物が多く、和姦ばかりになっているので初心者にも読みやすい上にアヘ顔とトロ顔の度合いが絶妙になっています。
ディープな作品に入る前にここを入り口にすると武田弘光の描く作品に入り込みやすいと思います。

ワクワクエッチな出会い《18禁》

ワクワクメール

-エロ画像・エロ動画・エロ漫画

Copyright© エロ爺サプリ , 2019 AllRights Reserved.

オナ電したりテレクラで出会ってセックスも!
バナー:オナ電サイト「MGI」